今月のお勧めプログラム

2021.09.01 今月のお勧めプログラム

ハラスメント相談のご案内

セクハラ・パワハラ・マタハラ等のご相談を御受けするプログラムです。EAP(社外相談窓口)は守秘義務があるため、本人の同意なしに所属企業・団体等に情報開示することはなく、安心して率直なお話が出来ます。法的な判断や回答は出来かねますが、これまでの経過を丁寧にお伺いし、問題を整理して、どのような対応ができるのか共に考え、サポートします。デリケートな問題だからこそ、「気になっている」「迷っている」「困っている」からでもご相談下さい。なお、コロナ禍で対人接触を控えている方は「電話相談」「オンライン相談」をお勧めしております。

 

<最近このようなことはありませんか?>

・職場の同僚にしつこく食事に誘われて、どのように対応すれば良いか困っている

・仕事のミスをきっかけに上司から無視されている

・上司から大声で叱られ、怖くて会社に行けない

・2人目を妊娠し、産休・育休を申請したら嫌味を言われて辛い思いをした

 

<EAPで出来ること>

①これまでの経過や思いを丁寧にお聞きし、問題を整理します。今後の対応策にはいくつかの選択肢があり、メリット・デメリットを比較検討します。1回で決められない場合は、数回に分けて行います。

②心身の不調が懸念される場合は、専門機関へのご紹介を行います。

③EAP契約企業の人事担当者に報告・連携を希望される場合は、ご利用者様の署名のもと、「EAPカウンセリング報告書」を提出します。

④ハラスメントを受けている当事者のみならず、周囲の方、行為者の方、人事担当者からのご相談も御受けしています。

 

<EAPで出来ないこと>

①弁護士事務所等ではないことから法的な判断や回答は出来ません。

②監督省庁等ではないことから、企業・団体に対する是正指導、勧告等は出来ません。

③事実関係の調査、関係者へのヒアリング等は行っておりません。

 

<ご予約・お問合せ>

①お電話にて:フリーダイヤル(0120-855-874)にお掛け下さい。

②ホームページより:予約システム、事前問診に必要事項を記入の上、申込み下さい。